むちうちにも様々な分類があります。

足立区,交通事故,むちうち,整骨院

交通事故に遭って、むちうち症に悩まされる人は少なくありません。むちうち症とは、衝撃によって首を損傷して起こるもので、頚椎症とも言われます。損傷すると、頸椎捻挫神経根損傷脊髄損傷バレリュー症候群など、様々な症状が起こります。

 

頸椎捻挫

頸椎て捻挫は、衝撃によって首の筋肉や靱帯が損傷したものの、脊髄の損傷はないという状態で、首の痛みやだるさ、しびれなどがあります。脊椎の損傷がないため、知覚や運動能力の低下などの神経症状はほとんどなく、治療は頸部安静と鎮痛剤を行い、ある程度回復したら運動療法に移行します。頸椎捻挫で後遺症が出ることは少ない上、出ても自覚症状しか見られないため、後遺障害認定がされにくい傾向にあります。

 

神経根症状

神経根損傷は、脊髄神経の根元である神経根が損傷した状態です。人体の神経は一度脊髄に入ってから脳に入るので、首に強い力がかかると様々な神経の根元が損傷する恐れがあり、運動神経の神経根に損傷が起こると、筋萎縮や筋力低下、感覚神経の神経根に損傷が起こると痛みや間隔の鈍麻、反射異常などが起きます。治療は頸椎捻挫と同様の治療が行われますが、椎間板ヘルニアになっている場合は手術が行われます。頸椎捻挫と違い他覚的症状があるので、後遺障害認定はされやすくなります。

 

脊髄損傷

脊髄損傷とは、脊髄内部の神経細胞が傷つくことで、運動機能や感覚機能が麻痺する症状です。むちうち症による頸椎損傷が起こると、完全型の場合は首から下が完全に動かなくなったり、神経機能が回復するものの、一部症状が残る不全型の場合もあります。治療は、手術や運動リハビリが行われますが、後遺症が残りやすく、完全型の場合は中枢神経の細胞が再生しないため、回復は難しいと言われます。

 

バレリュー症候群

バレリュー症候群は首の損傷による自律神経の異常で、めまいや耳鳴り、視力低下、筋肉の硬直などが起こります。ほとんどが自覚症状であるためレントゲンやMRIでも症状がわかりにくく、後遺症認定がされにくいようです。治療は交感神経節ブロックや抗交感神経薬の投薬が行われます。

 

足立区にある「ファミリア整骨院」では、むちうちによる頸椎症治療を行っており、足立区地域で多くの治療実績があります。 独自の治療法や最新の電圧治療器を取り入れることで、効果的に治療し、後遺障害を予防することが可能です。
また、ファミリア整骨院では、交通事故専門のスタッフが在籍しているので、ピンポイントの治療が受けられます。交通事故は、体の治療だけではなく、当事者間のトラブルもつきものです。交通事故専門の弁護士の紹介も行われているので、安心して治療に専念できます。

 

足立区六町ファミリア整骨院は交通事故専門弁護士をご紹介しています
足立区,交通事故,むちうち,整骨院

 

足立区,交通事故,むちうち,整骨院


   足立区,交通事故,むちうち,整骨院スマホからタップするとお問い合わせできます。