レントゲンでは映らないケース

交通事故の怪我で多いのが、骨折などの外傷の他に頚椎捻挫、いわゆるむちうちです。
むちうちは、交通事故による強い衝撃が突然に首を伝わってしまうために、首の骨(頚椎)の筋肉や腱、靭帯などの軟部組織が部分的に断裂してしまうことにより起こります。
しかし、この断裂部分は非常に細かいので、レントゲン画像やMRI画像には映りません。
また、事故直後は、事故にあったショックと緊張感から、痛みなどを感じることがない場合が多く、骨や神経に異常がなければ、病院では異常なしと診断されるケースが多いのです。
ところが、事故後、数日経つと頭痛や、腫れ、しびれなどの様々な症状がでてきます。
これらの症状は、筋肉の異常緊張による首のコリによるものです。
放置しておくと、後遺障害として一生苦しむことにもなりかねません。

 

病院では、レントゲン画像に映らないので、根本原因がつかめず、症状改善につながらない場合もあります。
いつかは治るだろうと安易に考えずに、専門家の手を借りて少しでも早く治療をしましょう。

 

足立区のファミリア整骨院は、交通事故治療専門院です。

柔道整復師という国家資格を持つ専門家が、身体に関する専門的な知識と確かな技術で丁寧に治療をしており、優良交通事故治療院として、全国5万院の中から選ばれた実力のある整骨院です。

 

ファミリア整骨院では、むちうちを原因や症状別に4つのタイプに分けて治療します。

1つ目は、首の周りの筋肉や靱帯の捻挫が原因の頸椎捻挫型
2つ目は脊髄から枝分かれした神経が圧迫されるためにおこる根症状型
3つ目は脳に栄養を送る椎骨動脈の血流低下のためにおこるバレ・リュウー症状型
そして最後の4つ目が脳脊髄液が減少して起こる脳脊髄液減少症です。

 

ファミリア整骨院では、初診時に患者さんとの問診に充分な時間をかけ、原因と症状を診断し、患者一人一人に合わせた治療プログラムを組みます。

足立区,交通事故,むちうち,整骨院

まず最初は、無理に牽引などは行わず、炎症している靱帯や筋肉を頸椎カラーや超音波によるミクロマッサージ治療で落ち着かせます。
その後、事故によりもたらされた、全身の歪みや筋肉の偏りをただし、全身のバランスを整え、肩こりやしびれ、頭痛、疲労感といった様々な不快症状の改善に導いていきます。また、足立区のファミリア整骨院は、交通事故治療専門院なので、治療以外にも事故に関する各種相談や、示談交渉などの法的サポートも行っているので、心強い味方となってくれます。

 

足立区,交通事故,むちうち,整骨院


   足立区,交通事故,むちうち,整骨院スマホからタップするとお問い合わせできます。