そもそも自賠責保険とは何?!

こんにちは!
ファミリア整骨院の小黒です。
年末年始、みなさんどう過ごされましたか?家族で長距離ドライブ、旅行、ご近所で自転車に乗って買い物に行かれたり色々イベントがありましたよね??
私も、初詣だったり、買い物めぐりをしたりしてほぼ毎日車に乗っていました。
その中でいつもより道路の交通量が多かったせいか交通事故が原因の渋滞が数多くありました。
そこで疑問に思ったことがありまして、今回は「そもそも自賠責保険とは何?!」というお話をさせていただきます。

 

 

自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)とは、俗にいう「強制保険」とも呼ばれ、自動車やバイクなどを運転する際に法律で強制的に加入が義務付けられています。
ちなみに自賠責保険に未加入、または有効期限が切れた状態で自動車やバイクを運転しますと、1年以下の懲役または50万円以下の罰金に処されますことになります。

 

自賠責保険は、被害者保護・救済目的で作られたもので人身事故の被害者が必要最小限の補償を確保するための保険になります。ですので、補償される限度額がでてきます。

 

自賠責保険は、自動車事故により死傷した被害者を対象としていて、人身事故になりますので物損事故は適用されません。事故の過失の大小に関わらず、事故で怪我をされた人、死亡した人が被害者となります。

 

次に任意保険です。

 

任意保険とは、自賠責保険のカバーできる範囲を超えた不足分を保険会社が任意保険として補う保険の事をいいます。

 

 

自賠責保険と任意保険との違いですが、

 

自賠責保険は、自動車購入時に強制的に加入が義務づけられている保険で、任意保険は各保険会社の商品によって補償内容は変わってきますが、ご自身で任意に加入される保険になります。

 

補償内容としましては、自賠責保険の場合、法令で定められている人身のみで最低限の補償内容になります。死亡した場合、3,000万円まで怪我などの傷害に対しては120万円まで補償されます。
任意保険の場合は、各保険会社によって補償内容は変わってきますが、車両保険や対人及び対物の補償、搭乗者保険、弁護士特約などを商品内容によっては充実させることが可能でだいたいの人が万が一のために任意保険の方も加入されています。

 

任意保険は、基本的には加入の強制はありませんが、いざ事故になった時、人の命だったり大切なお車に多大な負担がかかってきますので、任意保険の内容がとても重要になってきますので加入されておくのをお勧めします。

 

今回は、以上となります。最後までご閲覧して頂きましてありがとうございました。

 

また行楽シーズンや普段の自動車運転と時に万が一のことがありました時にお役立ていただければ幸いです。

 

また、当院でも足立区のほか各地域から多数の交通事故治療を受けられて喜びの声をいただいておりますので、もし万が一交通事故治療をご希望でしたらご相談くださいね!!

 

足立区六町ファミリア整骨院は交通事故専門弁護士をご紹介しています
足立区,交通事故,むちうち,整骨院